ニューヨーク~東京の日常生活日記

リアルなNY~東京での日常生活や思い出などを気の向くままに綴っています。

甘さと塩気が絶妙な絶品お菓子!あんこ天米のレビュー必見



左がプレーン、右が珈琲味

左がプレーン、右が珈琲味

日本の伝統的な素材と洗練された技術が生んだ究極のお菓子、それが「あんこ天米(てんべい)」です。ここではその特徴と、甘さと塩気が見事に調和した味わいについて詳しく説明します。

 

 

目次

 

 

あんこ天米の特徴

東京都葛飾区青砥に本店がある、富士見堂さんのお菓子です。他にはグランスタ東京店、伊勢丹新宿本店、東武百貨店池袋店、エキュート日暮里店、松屋銀座店があります。

 

あんこ天米は、北海道産小豆のこし餡をお煎餅に挟み、塩気と甘さが絶妙なお菓子です。お味は中のあんこがプレーンのあんこと珈琲味のあんこがありますが、珈琲味の方は伊勢丹だけの取り扱いになっています。名前からはあんこは入っているけど、天米ってなんだろう?と、やはり想像しにくい謎のお菓子だと思います。

最初に知り合いからあんこ天米を紹介された時は、お煎餅にあんこが入っているなんて上手く想像できなくて、気持ち悪いと思ったのが第一印象でした。

 

手土産や贈答品に好適な富士見堂の東京限定せんべい

 

実際のお味

 

あんこ天米は、厚さが薄めのお米のつぶつぶ感が残るお煎餅に、薄くのばしたちょっと水分が少なめのこし餡が挟んであるお菓子です。

お煎餅の塩気と米の粒からくるカリカリとした食感がこし餡の上品な甘みとなめらかさに絶妙にマッチし、食べる者を虜にします。その独特な甘さと塩気のバランス、そして食感という、一度食べたら忘れられない魅力にはまりました。

 

中のあんこですが、珈琲の方はほのかな珈琲味になっていて、希少性もあるので、普通のあんこより美味しいと思います。

甘いモノを食べるとしょっぱいモノも食べたくなるという方に、甘党にも辛党の方にも満足できるお味です。

 

 

購入方法

実際に店舗に行くか、通販でも買えます。

伊勢丹新宿本店だと珈琲味もあるせいか大人気で、朝一から並ばないと珈琲味は手に入らないようです。土日の午後なんかに行くといつもあんこ天米は何も残っていません。

エキュート日暮里店では普通のあんこしか売っていませんが、土日の午後早くに行っても、10袋入り以上のモノは残っていました。やはり小さな単位から売れていくようで、1袋売り、6袋入りは売り切れていました。

 

私が実際に珈琲味も買ったのは、三越伊勢丹オンラインでの予約でした。エムアイカードプラス会員限定で、販売商品と購入数に制限がありました。期間限定でしたが、何回かやっているかもしれませんね。

 

 

 

終わりに

 

あんこ天米の魅力が伝わりましたか?味だけでなく、日持ちも50日あるのも特徴です

あんこ天米はそんなに高価なモノではないので、これからの季節はご贈答や実家へのお土産、自分へのご褒美にも役に立つと思います。

売り切れ続出のお菓子ですが、見つけた時は味わってみませんか。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました(^.^)

こちらもよろしくお願いします↓↓↓

 

驚きの価格!伊勢丹Doorのおためしセットでお得に買い物を楽しもう!


f:id:hiroko_ny:20231028224745j:image


こんにちは、hirokoです。

Facebookの宣伝で、伊勢丹の「Isetan Door おためしセット」というのがしつこく出てきたので、8月に注文してみました。

 

目次

 

 

Isetan Door

ネットで注文する、定期宅配サービスです。伊勢丹のスタイリストが選んだ商品から自分で選んで注文します。

入会する前に一度だけおためししセットを注文することができます。税込みで5800円相当のモノが1980円で注文できます。この時の送料は無料です。

まだ私はおためしセットを注文しただけで、ちゃんと入会して定期宅配サービスを受けたことはありません。

 

ここから注文できます⇊

 ISETAN DOOR

 

Isetan Doorを利用するのに向いている人

・伊勢丹から離れた場所に住んでいるけど、デパ地下のモノを食べてみたい人

・忙しくて料理をする時間があまりないけど、美味しい物を食べたい人

・近くのスーパーで食材やお惣菜を買うのがマンネリ化してきて、ちょっと贅沢をしてでも日本中、世界中の美味しい物を食べてみたい人

などです。

 

そして、このおためしセットは1回限りの注文で、次の注文を強制されません。1980円では買えないモノがくるので、本当に試してみる価値はあります!

 

 

おためしセットの中身

10番はプレゼントでした。

 

1.ホレンディシュ・カカオシュトーベのバウムクーヘン

2.高政のぶち揚げ ひじき

3.アンデのショコラーデデニッシュハーフ

4.アール・エフ・ワンの明太ポテトと揚げごぼうのサラダ

5.Oisixの深層水育ち富士山麓たまご(6個入り)

6.Isetanオリジナルの黒毛和牛入り合挽ハンバーグ・特製デミグラスソース付き×2個

7.ゆば銀の湯葉寄せ豆腐 200g

8.Oisixの骨取りさばのみぞれ煮

9.アトリエアニバーサリーの東京レモンパウンド(2個)

10.アンデイコのこだわりの極プリン

 

 

お味と感想

1.

バウムクーヘン

甘さ抑え目のお味で、食感も良かったです。紅茶のダージリンと良く合います。

 

2.

ぶち揚げ

まず、ハートやらスペードやら形が可愛く、小さいので食べやすかったです。お弁当にも良いですね。

 

3.

ショコラ―デデニッシュ


しっとりしていて美味しかったです。

こんなのが入っていると、特別感がして嬉しいですね。

 

4.

サラダキット


自分でサラダを作るキットです。5分で2~3人前ができて、ごぼうのカリカリした食感など、とても美味しかったです。

 

5.

賞味期限が長い卵でした。黄身の色は濃かったですが、普段食べる卵との味の違いは分かりませんでした。久しぶりに卵ご飯にして食べました。

 

6.

ハンバーグ

ハンバーグ

 

美味しいハンバーグが温めるだけでできました。2個入りなので、2回楽しめるのも良かったです。

 

7.

豆腐

容器から出すと、上の方に湯葉がのっている、珍しいお豆腐でした。

 

8.

さば

湯煎しただけで、大根おろしまでついてきて、手軽に食べられて美味しかったです。

 

9.

青レモンから作る珍しいレモンケーキでした。美味しすぎて、中身の写真を撮るのを忘れました!期間限定で、今探してもありません。

 

10.

プリン

プリン


プレゼントでした。美味しかったのですが、他のプリンとお味の違いはよくわかりませんでした。

 

 

終わりに

こんな感じで専用の段ボール箱に入っています。

こんな感じで専用の段ボール箱に入ってきます。

注文してからはどんな食べ物がはいっているのか、とても楽しみに待ちました。

私がとても気に入ったのはRF1のサラダキットでした。作ってからすぐに食べられるので、ゴボウや明太子のカリカリ感が残っていて、本当に美味しかったです。1つ1つの食材を自分で用意したら結構時間がかかるのに、それぞれの食材が小袋に分けてあって、混ぜるだけであっという間に美味しいのが出来上がるのが良いです。その他のモノも全て大事に、楽しくいただくことができました。

 

定期的に取るのか決めなくても、まずは滅茶苦茶お得で美味しい、おためしセットを試してみるのはいかがでしょうか?

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました(^.^)

こちらもよろしくお願いします↓↓↓

 

横浜イングリッシュガーデンはバラとゴシック・ホラーのハロウィンでいっぱい

 

 

こんにちは、hirokoです。

10月22日は横浜駅からも歩いて行ける、「横浜イングリッシュガーデン」に行って来ました。ちょうどバラが見頃で、ハロウィンのディスプレイも可愛くて写真を撮るのが楽しかったです。

 

目次

 

横浜イングリッシュガーデン(YEG)

横浜駅からは無料の送迎バスがある他、20分ぐらい歩いたらYEGに着きます。あるいはもっと近い駅は相鉄線の「平沼橋駅」で、横浜からは普通で1つ目の駅でこの間は1分です。この駅からは歩いて10分ほどになります。たくさんの家のショールームを通り抜けていきます。

 

バラが中心のガーデンなので春バラが咲く5~6月や秋バラの10~11月が綺麗だと思いますが、その他にも色んな花が植えられているのでほぼ年中見所がありそうです。

入り口からは真ん中に長いローズトンネルがありますが、花が咲くのは春のようです。今は全然咲いていません。

 

ガーデン内を見て写真を撮って歩くと2~3時間はかかりますが、食べるところが余り充実していません。入り口付近にカフェがあるのを利用するぐらいなので、何か持ってきて入り口付近にある椅子を利用して食べるのも良いかと思います。また、チケットを提示したら何回でも出入りが自由なので、どこかに食べに行くのもありですね。

 

10/27~29は夜にライトアップする「ハロウィンナイト」をやります。ハロウィンのディスプレイが本当に可愛くてよくできているので楽しいと思います。

 

横浜イングリッシュガーデン公式サイト – 横浜市の花である「バラ」を基調に横浜で楽しむことの出来る園芸文化の薫る庭づくり。

 

 

ギャラリー

 

 

 

 

 


 

終わりに

最初の予定では「生田緑地ばら苑」に行きたかったのですが、この時点で1割しか咲いていないということで断念しました。今年は暑さのせいで虫食いも多くなっているようです。今回のYEGでも小さな穴が開いたバラもたくさんありました。

ガーデンマップを見ていたら、今頃「ときめきガーデン」に行ってなかったことに気が付きました。バラの開花期だけオープンで、赤いバラが主役だったようです。

ローズトンネルは春にしか見られないので、来年の春に再訪したいと思います。

今は本当に綺麗な風景になっているので、興味のある方は急いで行かれた方が良いです。この日はハロウィンの仮装をしたちびっ子達もたくさんいて、親たちは子供たちの写真を撮ることに夢中になっていましたよ。

 

最後までお読みいただきありがとうございました(^.^)

こちらもよろしくお願いします↓↓↓

鎌倉小川軒と 5th Avenue Chocolatiere がコラボした ブラウニーは美味しいです

 



こんにちは、hirokoです。

今回はニューヨークに関係ある記事になります。5th Avenue Chocolatiere はご存知ですか?私の記憶では、伊勢丹のバレンタインの祭典「サロン デュ ショコラ」によく出ていたニューヨークのチョコレート屋さんです。それと私の好きな鎌倉の方の小川軒とコラボしたブラウニーを見つけたのでお知らせします。

 

目次

 

 

5th Avenue Chocolatiere

元々は名前の通りニューヨークの5番街47丁目にあったチョコレート屋さんで、甘さ控えめの「トラッフル」が有名でした。ニューヨークの店舗は2016年6月に閉店したそうですが、創業者の息子さんがChocolate Worksという名前に変えてフランチャイズ店にして全米8店舗で展開しています。

私は名前だけ知っていたけどチョコは買ったことがなく、見た目が「メルティキッス」に似たトラッフルはきっと美味しいんでしょうね。

Chocolate Works - Freeport, New York | 516-868-8070

 

 

鎌倉小川軒とのコラボのブラウニー



鎌倉小川軒は東京にある小川軒と親戚で、レーズンウィッチも似たような味がします。

その鎌倉小川軒から、5th Avenue Chocolatiere とコラボしてできたブラウニーが販売されています。チョコの部分は5th Avenue Chocolatiere のモノで、中に入っているラムレーズンが鎌倉小川軒のモノです。ちゃんとバターが使われていて、しっとりしていて、ラムレーズンも柔らかくて美味しいです。また、パッケージはショッキングピンクで、いかにもニューヨークのモノという感じがして、気分が上がります(笑)

 

10月31日までは都営浅草線の五反田駅のJRに近い方の改札口近くに期間限定のお店ができています。また、鎌倉小川軒の通販でも買うことが出来ます。

日持ちが1か月以上あるので、お土産にも良いと思いますよ。

ブラウニーの通販 | KAMAKURA OGAWAKEN 鎌倉小川軒│公式通販サイト

 

 

終わりに



鎌倉小川軒でコーヒー味のレーズンウィッチを買いに行ったところ、このブラウニーを見つけました。他にはクッキーなどもありますが、全て箱売りです。

ご興味のある方、食べてみて下さいね!ニューヨークに行くことがあれば、Chocolate Worksでトラッフルをお土産に買って帰りたいです。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました(^.^)

こちらもよろしくお願いします↓↓↓

 

おどろおどろしい場所かもしれない?青木ヶ原樹海の散策

河口湖駅手前の富士山

河口湖駅手前の富士山

こんにちは、hirokoです。

10月1日は富士山の近くにある青木ヶ原樹海に行きました。樹海と言えば薄暗くておどろおどろしいイメージがあったのですが、実際の様子をお知らせします。

 

目次

 

 

青木ヶ原樹海

初冠雪前だったので、頂上にも雪はありません

富士山の初冠雪前だったので、頂上にも雪はありません

富士山の北西に広がる、富士山大噴火によって流れ出した溶岩流上にできた原生林です。

私は新宿から長距離バスに乗って河口湖駅で降り、そこから西湖周遊バスのグリーンラインに乗って、河口湖の西隣にある西湖の、西湖コウモリ穴で降りて歩きました。河口湖駅からはブルーラインでも行けて、バスの時間の都合でどちらに乗っても行けますが、ブルーラインでは富岳風穴前で降りて、私が行ったのとは逆のまわり方になります。

河口湖駅からグリーンラインに乗ると、河口湖~西湖のほとりに沿って、結構山道の様なカーブが多い道を走って揺れます。帰りは富岳風穴前からブルーラインに乗って河口湖に帰りましたが、こちらはカーブが少ない快適な道でした。

バス代は850円とか750円ぐらいして、SUICAなんかも使えます。2DAY周遊バスフリークーポンがバスの車内で買えて、1700円です。今回のバスに2回乗るだけでは普通にバス代を払う方がお安かったです。

 

 

散策の様子

 

コウモリ穴

コウモリ穴

西湖コウモリ穴でバスを降りると、目の前にコウモリ穴がありますが、中に入りませんでした。ヘルメットを貸してもらって、結構頭をぶつけるほど岩が迫った場所を歩くそうです。今はコウモリを保護しているので、コウモリには会いません。

 

樹海の中 こんな風景が広がっています。

樹海の中 こんな風景が広がっています。

こんな穴も多いです

こんな穴も多いです

標識の真ん中下が番号です。

標識の真ん中下が番号です。

樹海では樹海遊歩道を歩いて行きます。1から順番に数字が書かれた標示に沿って歩いて行くので、道はとても分かりやすいです。この道を外れてしまうと、溶岩による穴が沢山開いていて、樹木の根っこも張っているので危険です。私が行ったこの日はまだ夏から秋に移っていくところで、木々が青々としている上に、青い苔も生えているような風景が続いていました。

 

 

整備された道が続きます

整備された道が続きます
キノコ

キノコもたくさん生えていて、あまり花は咲いていませんでした。あまり鳥の声も聞けず、とても静かです。帰りのバスからは食べられるキノコが売られているのが見られました。特に幻のキノコはどういうキノコだったのか見たかったですね。

 

 

磁石の実験

前から樹海では磁場が狂うと聞いていたので、家にあった方位磁石を持って行って、実験してみました。何か所かの岩の上に方位磁石を置いてみただけですが、磁石は正常に働き、針がくるくる回るところは見ることができませんでした。もしかしたら、道を外れて樹海の奥の方に入ってしまうとわかりませんが。。。

 

 

鳴沢氷穴

鳴沢氷穴

鳴沢氷穴

 


樹海の見どころとして、洞窟や風穴や氷穴などがあります。私はこの樹海遊歩道の南にある、鳴沢氷穴に入ってみました。入場料は350円ですが、セゾンカード、UCカードを持っていると、300円に割引になります。

中は溶岩洞窟で、年間を通して3℃ぐらいの温度です。長袖を着たら良いほどヒヤッとしますが、15分ほどで見終わります。氷柱も見たかったのですが、2~6月までしか見られないようでした。今回は氷の貯蔵庫で、冷蔵庫の代わりをしていた氷の塊だけ見ました。

中は狭くて、滑りやすい場所があるので注意して歩いてくださいね。

 

 

グルメ

昼食

富岳風穴にはお土産物屋さんがあって、軽い食事もできるのですが、私はそれまでの遊歩道の中で持ってきたおにぎりを食べました。ベンチなんかもあり、心地よい時間を過ごせました。

 

トウモロコシのアイス

富岳風穴の売店の外に売っていました。一口かじると、ゆでたトウモロコシの様な味がします。塩をかけて食べることもでき、塩をかけても違和感なく食べることができました。変わったアイスでしたが、美味しかったです。

 

夕食

ほうとう不動

河口湖駅の目の前にある「ほうとう不動」でほうとうを食べました。ほうとうのメニューは1種類しかありませんが、大きい鉄なべの中に野菜たっぷりのほうとうが入っていて、熱いけどほうとうの硬さもちょうど良くて美味しかったです。量が多いですが、昼食が少なかったので完食することができました。他に馬刺しなどのメニューもあります。

 ほうとう不動「ほうとう、河口湖、富士山、郷土料理」

 

終わりに

自殺防止の看板

樹海の中には水が溜まらないので、蚊がいないとどこかに書いてあったのですが、樹海遊歩道に入った途端に手の甲を刺されました。油断はしない方が良さそうです。

樹海と言えば自殺の名所でもありますね。年間何十人もの人々がいなくなるようです。自殺を思いとどまる看板を2つ見かけました。

 

樹海は今や観光地になっていますが、日本人ではなく、観光客の半分以上は外国人の様でした。帰りのブルーラインのバスの中は私達を除いたら、全員が外国人でした。河口湖駅で待っている人達もほとんどが外国人でした。

樹海に行ってみて、暗いイメージではなく、自然を楽しみ、歩ける場所として楽しめたことは良かったです。

 

最後に、河口湖駅のお土産屋さんでブルーのインスタントカレーが売り切れになっていたのは残念でした。次回行くことがあれば買ってみたいです。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました(^.^)

こちらもよろしくお願いします↓↓↓

 

会津・裏磐梯・五色沼・猪苗代湖への旅3日目

 

見晴台からの大内宿

見晴台からの大内宿



こんにちは、hirokoです。

今日は9月16日~18日までの会津の旅、最終日の記事をお届けします。

この日は私が一番楽しみにしていた、大内宿に行きました。

1日目、2日目の記事はこちらをご覧ください↓

 

hiroko-ny.hatenadiary.com

 

 

hiroko-ny.hatenadiary.com

 

 

 

目次

 

 

3日目の旅程

 

会津若松駅→湯野上温泉駅→バスで大内宿へ→バスで湯野上温泉に戻る→会津田島駅→鬼怒川温泉→浅草駅

今日の大きなイベントは大内宿に行くことで、後は帰りの電車の乗り換えの待ち時間にいろんなことをしました。交通手段は電車とバスだけでした。

 

 

湯野上温泉駅


f:id:hiroko_ny:20231011203623j:image

駅カフェ

駅カフェ


大内宿最寄りの電車の駅です。駅舎は珍しい茅葺屋根で、囲炉裏を囲んだ駅カフェがあります。コーヒーやおにぎりなどのメニューがありました。手軽なお土産になる、一口大のくるみようかんも売っていました。

春には周りに桜が咲き、情緒ある写真スポットにもなるようです。

 

 

また、駅を出ると無料の足湯があります。お湯の温度は結構熱かったですが、ずっと浸かっていられました。電車を見ながらぼおっと過ごして次の交通機関の時間待ちにもちょうど良かったです。

 

ここから大内宿行のバスが出ています。6㎞ほどあります。私が行ったときはいつもの大きなバスがなく、マイクロバスだったので、大人数で行くときは予約をする必要がありました。先に10人の中国人のお客さんが予約していて、予約をしていない私達10人は最初のバスに乗れず、そのバスが大内宿に1回行って帰ってきてから乗ったので、電車で駅に着いてから30分待って、その後30分待たされて、湯野上温泉駅に着いてから全部で1時間待って大内宿に向かいました。

貴重な旅時間、良く調べて行った方が良いです。

【会津鉄道&レトロバス猿游号で行く大内宿共通割引きっぷ】 │ 会津鉄道-会津鉄道で行く、会津の列車たび

 

 

大内宿(おおうちじゅく)

 

 

ポスト

ポスト

江戸時代に会津若松城下と今市宿を結ぶ下野(しもつけ)街道の宿場町として整備され、明治以降は開発を免れたので昔の面影が残っています。茅葺の大きな家が街道沿いに並んでいて、お店や食べ物屋さんになっていて、とても映える風景が広がっています。

まずは見晴台に登り、町の様子を見ると良いと思います。江戸時代にタイムスリップしたような光景を見ることができます!

 

高倉神社

 

高倉神社から大内宿方面 全景はそばの花

高倉神社から大内宿方面 前景はそばの花

 

高倉神社の方に行ったり、名物のねぎそばなどを食べながらお土産探しや写真を撮って歩くと楽しいです。高倉神社の方に行くとそばの花が咲いていました。

大内宿|奥会津観光スポット

 

 

グルメ

昼食

三澤屋の高遠(たかとう)そば

三澤屋三澤屋

三澤屋

 

大内宿の名物として、ねぎそばは色んなお店で食べることができます。そして、ここのそばは高遠そばと言って、会津の殿さまが信州高遠藩で育ち、会津藩主となってからできたもので、大根おろしそばを長ネギを箸代わりに使って食べるものです。私は長ネギでの食べ方が分からなくてお箸で食べてしまいましたが、本当は一本のネギで麺をすくって食べるようです。大根おろし自体がピリッとしている上に、青ネギも辛みがあるのでどちらが辛いのか分からないような味でしたが、珍しい冷たいそばでした。

凄い人気で、名前を書いてから30分ぐらいして中に入ることができました。

大内宿|三澤屋|高遠そば(ねぎそば)

 

えごまのソフトクリーム

この辺は胡麻に似たえごまの産地で、えごまのソフトクリームを食べてみました。香ばしくて美味しかったです。

 

夕食

わっぱめし

会津の名物の1つですが、鬼怒川温泉駅の売店で買ったので栃木県のモノでした。鶏の手羽先や栗の他、色々のっていて美味しかったです。

 

日本酒の自動販売機

会津田島駅の改札を出た待合室に南会津名酒蔵の自販機がありました。隣の売店でコインを買って飲む仕組みになっています。どれでも1杯200円で、私は70㏄入った、花泉酒造の花泉大吟醸を選びました。飲みやすくて美味しかったです。

 

 

お土産

赤べこ

f:id:hiroko_ny:20231011204347j:image


会津若松駅前の赤べこ

会津若松駅前の赤べこ

赤べこは会津の郷土玩具で、赤い牛のはりこです。柳津町の福満虚空蔵堂を建てる時に黙々と働いていた赤牛から来ています。牛の表面の赤い斑点は会津地方に流行った天然痘が治った跡を表しています。家には紙で作った赤べこがいます。本当は赤ではなく、違う色の赤べこを買ってみたかったのですが、出会いませんでした。代わりに、湯野上温泉駅前のお土産物屋さんで見つけた、千両箱をしょった、千両べこを買いました。縁起が良さそうだし、首が良く回ります!

 

赤べこグッズ

赤べこグッズ

赤べこのグッズはいろんなところで売っていて、イラストもよく見かけました。私は他にはレンゲやご朱印帳も買いました。

 

じゅうねん味噌

じゅうねんとよばれるえごまを天然醸造味噌と砂糖、みりんで練り上げた田舎味噌です。会津の人達には常備食でおにぎりに塗って焼きおにぎりにしたり、何かを和えたりナス田楽に使ったり、食べ方は色々です。ちょっと香ばしくて甘くて美味しいです。えごまにはたんぱく質、脂肪、鉄分、ビタミン類も含まれ、栄養価の高いモノです。

 

 

終わりに

お土産

お土産

 

赤べこの電車

赤べこの電車

 

会津若松駅前の白虎隊の像

会津若松駅前の白虎隊の像

2泊3日の会津の旅は盛りだくさんで、喜多方に行ったときだけ雨が降りましたが、ほとんど晴れてとても充実したモノになりました。私にとっては大内宿に行くことが一番の目的でしたが、思いがけず、グルメの旅にもなりました。色づきつつある稲穂やススキ、白いそばの花なんかが電車の窓に大きく広がり、1~2両だけの撮り鉄に人気がある電車やいちご電車など面白い電車に乗り、移動中も飽きることがありませんでした。

また季節を変えたり、磐梯山に登ってみたり、美味しいグルメを食べに行きたいです。

 

にゃんこが駅長の駅

にゃんこが駅長の駅

最後までお読みいただきありがとうございました(^.^)

こちらもよろしくお願いします↓↓↓

 

会津・裏磐梯・五色沼、猪苗代湖への旅2日目

 


 

磐梯山

磐梯山 活火山です。

こんにちは、hirokoです。

9月16~18日までの会津の旅、2日目の記事です。この日は五色沼、猪苗代湖方面、喜多方に行きました。

1日目はこちらをご覧ください↓

 

hiroko-ny.hatenadiary.com

 

 

 

目次

 

 

2日目の旅程

 

会津若松駅→猪苗代湖駅→バスで五色沼入口バス停→五色沼散策→裏磐梯高原駅からバスで猪苗代湖駅に戻る→タクシーで猪苗代湖近くまで→野口英世美術館→タクシーで猪苗代湖駅→喜多方駅→夕食→会津若松駅

今日も朝から夜まで盛りだくさんでした。

 

 

五色沼

毘沙門沼

毘沙門沼

毘沙門沼

こんな所にもクマ注意が!

こんな所にもクマ注意が!

 





大小30ほどの様々な色彩を持つ湖沼の総称で、正式名称は五色沼湖沼群です。ここに来たのは2回目でした。初めて来たときは沼の美しい色に目を奪われました。ちょうど松たか子さんの「明日、春が来たら」が流行っていたころで、歌と沼の様子がリンクして爽やかさが目に焼き付きました。

 

今回歩いてみると案外道に岩などが張り出していて、ローファーでもなく、きちんとした運動靴以上の靴を履いて行かないと危ない個所が沢山あることが分かりました。沼はたくさんあって、どれがどれだか分からなくなるほどで、沼によって色が全然違い、とても楽しいウォーキングとなりました。

片道約4㎞で写真を撮りながら歩くと1時間30分ほどかかります。最後は物産館でジェラートを食べたり、桧原湖で観光船に乗る人もいました。

 

 

猪苗代湖

猪苗代湖駅

猪苗代湖駅

猪苗代湖駅から猪苗代湖に行くにはタクシーか自転車ぐらいしか交通機関がありません。予定ではレンタサイクルして猪苗代湖まで電動自転車で行くつもりでしたが、あいにく普通の自転車1台を残して、全て出払っていました。なので、タクシーで湖の方に向かいました。前はバスもあったということでしたが、今はありません。過疎化で公共交通も不便になっている問題を目の当たりにしました。

タクシーを降りてから猪苗代湖までは少し距離がありますが、歩いても見に行くことはできます。

私は昼食を食べたり、野口英世美術館に行って時間を過ごしました。

 

 

野口英世記念館

野口英世の生家

野口英世の生家

野口英世は明治9年、福島県猪苗代湖に生まれて、黄熱病などを研究し、自分も黄熱病に感染し51歳で亡くなっています。1歳半の時に左手に大やけどを負ったことが医学を志したきっかけです。囲炉裏に落ちて指が全部くっつき、後にいろんな人たちの助けを借りて手術をしています。勉強する為に上京前に床柱に「志を得ざれば 再びこの地を踏まず」という決意文を刻んでいるのはとても印象的でした。

 

記念館には野口英世が大やけどを負った生家も展示され、歴史だけでなくメリー夫人との生活やファッションなども展示されています。野口英世のしゃべるロボットもありました。

また、別料金で野口英世記念感染症ミュージアムがあり、ここには新型コロナも含む様々な感染症の資料がありました。私は医療関係の仕事についているので興味を持って別館まで見てみましたが、読む内容が多いのでわざわざ行かなくても良いかなと思いました。

公益財団法人 野口英世記念会

 

 

グルメ

昼食

ソースカツ丼

ソースカツ丼

ソースカツ丼も郷土料理ということで、猪苗代湖の食堂に適当に入って食べてみました。ご飯にキャベツと立派なとんかつに甘味が少ないソースがかけられていました。暑いのに冷房もかかっておらず、食堂の人達が皆70代以上なのか、腰が曲がった人まで働いておられるような店でしたが、ソースカツ丼は美味しかったです。

 

夕食

入れなかった坂内食堂

入れなかった坂内食堂

 

ラーメン

ラーメン


すっかり忘れていましたが、福島と言えば喜多方ラーメンもグルメでしたね。

喜多方ラーメンは札幌、博多に並んで3大ラーメンの1つに数えられます。ということで、喜多方で喜多方ラーメン発祥のラーメンを食べようと5時ごろに「坂内食堂」に向かいましたが、残念なことに列の最後には本日終了のサインがありました。ということで、この時間でも食べられるラーメンを探して、「来夢」喜多方本店のラーメンにたどり着きました。

チャーシューは麺が見えないほどのっていて、濃厚なしょうゆ味で、麺が太目で美味しかったです。この店は食べ終わりぐらいに電気の使い過ぎか、何回も停電になるという騒ぎがありましたが。。。

 

この辺は店じまいが早く、ラーメンを食べるのなら昼食にした方が良いことが分かりました。夕食後は蔵を散策する予定でしたが、雨が降ってきたので食事だけして、雨の中駅に戻り、電車で会津若松駅に帰りました。

 

 

終わりに

今日は何故か、レンタル自転車が満員御礼で借りられないとか、元祖ラーメンを食べに行ったら売り切れになって食べられないというハプニングがありました。

それでも最後は会津若松駅近くの温泉「富士の湯」に行き、入浴料が450円で、色んな種類のお湯を楽しめてとても良かったです。

後は残るところ1日の旅です。

続きもよろしくお願いします。

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました(^.^)

こちらもよろしくお願いします↓↓↓

 

 

2023.10.5.更新


人気ブログランキング var nend_params = {"media":64886,"site":336047,"spot":1000271,"type":1,"oriented":1};