ニューヨーク~東京の日常生活日記

リアルなNY~東京での日常生活や思い出などを気の向くままに綴っています。

2020年の国際ホットドッグ早食い選手権もコニーアイランドで開催

どなたでも登録できる、こちらもよろしくお願いします↓↓↓
ニューヨーク生活日記 - にほんブログ村

こんにちは、hirokoです。

今日7月4日はアメリカの独立記念日です。

昨日のブログで書いてみました⇊

 

hiroko-ny.hatenadiary.com

人々は "Happy Forth of July!"  と言い合います。

そして、今日はもう一つ有名な行事があります。それがこの国際ホットドッグ早食い選手権です。

 

目次

ホットドッグ早食い選手権とは

f:id:hiroko_ny:20200705104421j:plain

ネイサンズのホットドッグ

ニューヨーク州ニューヨーク市ブルックリン区にあるネイサンズ (Nathan’s Famous) が主催するホットドッグの早食い大会です。

10分間に一番たくさんホットドッグを食べた人が優勝します。

1916年に、4人の移民が誰が一番愛国心を持っているかを示すために、ネイサンズの販売スタンド(1号店)の前でホットドッグの早食い大会を開いたのが起源と伝えられています。

例年は屋外でされていましたが、今年はCovid-19のため、屋内で無観客で行われました。

 

 

ネイサンズとは

アメリカ合衆国を中心にホットドッグを専門とする、ファーストフードのチェーン店です。1916年にポーランドから移住してきたネーサン・ハンドワーカーらによってこのコニーアイランドに創業されました。

アメリカだけでなく、他国にも展開していて、以前は日本にもありましたが撤退しています。

 

 

誰が優勝したか

f:id:hiroko_ny:20200705104542j:plain

2019年のネイサンズの電光掲示板

今年は女性部門では、ラスベガス在住の須藤美貴さん(34)が10分間で48・5個をたいらげ、7連覇と新記録を達成しました。

男性部門では、ジョーイ・チェスナットさん(36)が75個を食べて5年連続の優勝しました。

ここで日本人が躍進したことはとても誇らしいですね!以前は日本人男性小林尊さんが何年か連続で優勝したこともありました。

 

参照:

https://www.msn.com/ja-jp/news/world/ホットドッグ早食い-日本人女性が7連覇-記録も更新/ar-BB16l3vU?ocid=spartanntp

https://ja.wikipedia.org/wiki/ネイサンズ国際ホットドッグ早食い選手権

 

 

まとめ

ネイサンズの店の前には大きな電光掲示板があります。またそこに日本人の名前が載るのはとても嬉しいです。

 ネイサンズのホットドッグはコニーアイランドだけでなく、屋台でも食べることができます。是非記念に食べてみて下さい!

 

最後までお読みいただきありがとうございました(^.^)

こちらもよろしくお願いします↓↓↓


人気ブログランキング var nend_params = {"media":64886,"site":336047,"spot":1000271,"type":1,"oriented":1};