ニューヨーク~東京の日常生活日記

リアルなNY~東京での日常生活や思い出などを気の向くままに綴っています。

奈良まほろば館での和漢の入浴剤とにおい袋作り

f:id:hiroko_ny:20230208221837j:image

こんにちは、hirokoです。

2月5日は奈良まほろば館の無料のワークショップ、「自分で作る和漢の香りのおふろ」と「にほい袋づくり」に参加してきました。材料を混ぜるだけのとても簡単な工程で、入浴剤の方は15分、にほい袋の方はたった5分でできました。

 

目次

 

 

自分で作る和漢の香りのおふろ

f:id:hiroko_ny:20230208221856j:image

大和当帰

大和当帰

日本の生薬を使った、入浴剤作りでした。

材料には

葉類としてはよもぎ、大和当帰葉、柿葉、桃葉、紅花(これだけ花)

刻みとしてはヒノキ、肉桂、ミカンの果皮、生姜

を使いました。

作り方はカップを2つ用意して、まずはかさましでもあるよもぎをカップ一杯に入れて、スプーンで押さえて半分にまで圧縮します。あとはその上に葉類を組み合わせてカップ一杯まで入れます。この時、紅花はお湯に浸すと赤

い色が出るので量はあまり入れ過ぎないほうが良いです。浴槽が汚れるかもしれないといって入れない人もいますが、一つまみぐらいなら大丈夫だと思います。大和当帰葉はセロリの様なにおいがするので、好みによって量を調整すると良いですね。

もう一つのカップには刻み類を組み合わせてカップ半分にまで入れます。

この2つのカップに入ったものを1つの不織布袋に入れて口をしっかり縛ったら出来上がりです。

 

湯船の入り方が書いてあったので引用してみます。

バスタイム

①入浴剤をバスタブに入れます。(入浴前早めに入れておく。)

②足を軽く曲げて座り、あご、首、肩の力を抜きながら、背中を丸くして下腹部をへこませて息を吐きます。

③和漢植物の香りを吸い込みながら、胸を大きく広げ、あご、肩を軽く上げ、少し背を反るようにして、肺の隅々まで酸素を送らせるようにイメージします。

④大きく息を吸ったら、またゆっくり背を丸めて、お腹の底から息を吐きます。

これを数回繰り返します。

 

 

 

におい袋づくり

f:id:hiroko_ny:20230208221911j:image

こちらも混ぜるだけの簡単な作り方です。

材料は香りの良いモノになるので、入浴剤とは異なります。

白檀、桂皮、龍脳、大ウイキョウ、丁子、山奈(さんな)、カッコウ、甘松(かんしょう)、安息香です。

 

白檀はおのずと知れたお線香の香りでとても高価です。

桂皮はシナモンのことで、甘味系お香のアクセントになり、薬用では芳香性健胃、鎮静、鎮痙効果があります。これだけ入浴剤の肉桂と同じものです。

龍脳は半透明の結晶ですが、墨のにおいの元です。爽やかな香りだけでなく、防虫剤、防腐剤の役割もあります。

大ウイキョウはスターアニスのことで、中華によく使われる八角のことです。薬用では芳香性健胃で使われます。

丁子はクローブのことです。防虫、防腐、健胃効果があります。

山奈はショウガ科で芳香性健胃や消化促進作用があり、カレーのスパイスとしても使われます。防虫効果もあります。

カッコウはパチョリのことです。夏季の胃腸症状に良いほか、防虫効果や他の香りを長持ちさせる効果もあります。

甘松は配合することで香りに厚みとコクを加え、鎮静効果や催眠効果もあります。

安息香はエゴノキ科の樹脂で、バニラの様な甘い香りがします。

 

こうして見てみると、防虫、防腐や健胃効果を持つものが多いです。

 

 

終わりに

入浴剤

入浴剤

入浴剤は使ってみると、少し黄色~黄土色のお湯になりました。大和当帰のセロリの様な香りが強いものの、穏やかな香りでした。お風呂上りにも何となく腕から香りがして良い感じでした。お勧めは衛生面の上からも1回で使い切りですが、実際は1回使ったら干して、次の日も使う人が多いようです。自分で混ぜた愛着のある入浴剤でした。

頂いた入浴剤のレシピの裏側には、東大寺の建立を進言した聖武天皇の皇妃の光明皇后が住まいとした法華寺に蒸し風呂を作ったことが書かれていました。これに薬草が使われます。今でも6月には施浴体験ができるそうです。

やってみたいですね!

https://hokkejimonzeki.or.jp/

 

におい袋の方は白檀やシナモンの香りが強い物を作りました。衣類の引き出しに入れていますがそれほど香りは移ってはいません。こちらも自分で作ったということで大満足です。

 

今回のこのワークショップは奈良の漢方の商品のプロモーションではあると思いますが、無料で経験させてもらってとても楽しく有意義な時間でした。奈良は薬が発祥した地だったんですね。またこういう機会があれば是非行ってみたいです。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました(^.^)

こちらもよろしくお願いします↓↓↓

 

【お勧め】穴場のアフタヌーンティーは九段テラスのVMG CAFEです

f:id:hiroko_ny:20230205112815j:image

こんにちは、hirokoです。

1月29日に九段会館テラスにあるVMG CAFEでストロベリーのアフタヌーンティーセットを頂いてきました。

ニューヨークの英語学校で知り合った友達が一時帰国しているので会うために利用しました。ニューヨークでは何でもお金次第でサービスは期待できないのですが、このカフェはサービスはとても良かったです。

 

目次

 

 

九段会館テラスとは

f:id:hiroko_ny:20230205112836j:image

前の九段会館が2011年3月11日の東日本大震災で天井の崩落をして暫く休館した後、2022年10月に九段会館テラスとして生まれ変わりました。前側は古い建物を残し、後ろ側は新しい17階建てのビルと見事に複合させています。エントランスは古いままなので懐かしい感じがしました。この建物の前側の5階にVMG CAFEがあります。屋上庭園と隣接していて、外にも席があります。庭園からは千鳥ヶ淵や日本武道館、靖国神社の鳥居などを見ることができ、とても眺めが良いです。カフェに行くには1階正面エントランスの階段を上がったらすぐに左に行って、エレベーターで5階まで上がります。

 

 

ストロベリーアフタヌーンティー

f:id:hiroko_ny:20230205112852j:image

2023年の1月から4月まではストロベリーアフタヌーンティーをしています

アフタヌーンティーの店を探す時に、九段会館だと値段は安いかもしれないけど大したことがないかなと正直思っていたのですが、口コミを見ると多くの人達がサービスがとても良いとか、美味しいとかとても評価が良かったのでこれは期待できると思って選びました。

食べ物とサンフランシスコのお茶のブランド、マイティーリーフのお茶やコーヒーなどのフリードリンクが付いていて2時間で3500円です。

食べ物は見た目は全部赤やピンクで全てスィーツの様に見えますが、ちゃんとこの中にセイボリーもあります。

VMGカフェ|【公式】東京 九段会館テラス|東京 九段下の結婚式場・宴会・会議・カフェ

 

メニューは上段

左:オペラ、右:帆立

左:オペラ、右:帆立

 

左:フォアグラ、右:中段のクランベリー

手前:フォアグラ、奥:中段のクランベリー

苺とトマトのムース 帆立のマリネ

ストロベリー・フレンチトーストとフォアグラのフラン

フランボワーズオペラ

 

中段には

手前:サーモン、奥:ローストビーフ

手前:サーモン、奥:ローストビーフ

 

生ハム

生ハム

ローストビーフと苺のグージェール

苺と生ハム、クリームチーズのオープンサンド

クランベリージュレとルビーチョコムース

苺のスコーンとサーモンマリネのタルタル

 

下段

モンブラン、カヌレ、マカロン

右から反時計回りにモンブラン、カヌレ、マカロン

タルト・モンブラン・フレーズ

苺のカヌレ

マカロン・フレーズ

でした。

 

いつものアフタヌーンティーではものすごく種類が多くて、スィーツとセイボリーの段は違うような気がします。そして、最初にセイボリーの皿を食べてしまったら、段々甘い物だらけになり、お腹いっぱいで気持ち悪くなるというパターンの様な気がします。

今回のは上段と中段にはセイボリーとスィーツが入っていて、量もちょうど良い感じでした。そして、綺麗な色なのでスィーツかなと思って食べてみるとセイボリーだったりして驚きがあり、味のマンネリがなく、本当に美味しいお食事でした。帆立やフォアグラなども使われ、高級感もたっぷりです。

 

飲み物のおかわりは頻繁にウェイトレスの方が声をかけてくれて、とてもタイミングよくすぐに次のモノを持ってきてくれました。飲み物もオーソドックスなモノからハーブが入って香りがあるような珍しいモノまで、とても美味しくたくさんいただくことができました。

 

 

食後は

日本武道館、靖国神社の鳥居、千鳥ヶ淵を臨む

日本武道館、靖国神社の鳥居、千鳥ヶ淵を臨む



f:id:hiroko_ny:20230205113019j:image
f:id:hiroko_ny:20230205113022j:image

カフェに隣接しているガーデンに出て友人と話をしました。綺麗な眺めを前に、たくさんのベンチや席が並べてありリラックスしながら話をすることができます。私たちが行ったときは4時半頃で、ちょうど夕陽が武道館の方に沈んでいくのを見ることができとても綺麗でした。晴れた暖かい日にはこのガーデンの方で飲食をするのも良いと思います。

 

 

終わりに

ザ ニューヨーク土産 私はこのロゴが大好きです。

ザ ニューヨーク土産 私はこのロゴが大好きです。

今回は「一休 レストラン」でアフタヌーンティーの場所を見つけました。九段会館テラスの5階にあるVMG CAFEのアフタヌーンティーはコスパもサービスも美味しさもとても良かったです。また是非行ってみたい場所になりました。

また、私にも覚えがありますが、ニューヨークで苦学生をしているとアフタヌーンティーなんかに縁がありません。友人にもとても喜んでもらえたと思います。

皆さんもストロベリーがお好きならとてもお勧めの場所ですよ!他にも軽食やお茶のメニューはあります。

 

最後までお読みいただきありがとうございました(^.^)

こちらもよろしくお願いします↓↓↓

 

【アンテナショップ第2弾】話題の大和当帰製品もある、奈良まほろば館

f:id:hiroko_ny:20230128190556j:image

 

こんにちは、hirokoです。

私の実家は奈良にあるということで、時々見に行っている奈良まほろば館を紹介します。

アンテナショップの紹介は2回目で、前回は沖縄でした↓↓

 

hiroko-ny.hatenadiary.com

 

 

 

目次

 

 

奈良まほろば館とは

f:id:hiroko_ny:20230128192408j:image

東京にある奈良県のアンテナショップです。前は日本橋三越の向かい側にありましたが、2021年に新橋駅のすぐ近くに引っ越しました。

「まほろば」とは古事記の「大和は国のまほろば 畳み(たた)なづく青垣 山籠れる大和しうるはし」からきていて、素晴らしい場所、住みやすい場所という意味です。

 

1階には奈良県の特産品や食べ物、カフェ&バーがあり、2階にはレストランとイベントスペースがあります。イートインはしたことがありませんが、カフェ&バーでは素麺、柿の葉寿司、かき氷などを食べることができます。

レストランTOKiは2023年のミシュランガイド東京で1つ星になったそうです。それなりに高級感がありそうです。

 https://www.nara-mahoroba.pref.nara.jp/

 

お勧めのモノ

f:id:hiroko_ny:20230128190616j:image

食べ物は入荷の曜日などが決まっているので、日によってある時とない時があります。

「大和当帰」を使った食品

f:id:hiroko_ny:20230128192642j:image

奈良は漢方のメッカです。当帰の根は漢方の材料になり、中国のモノと日本の物では種類が違うのですが、セリ科でセロリの様な香りがして、効能は貧血改善や血行を良くするなど婦人科の良薬とされています。
食品としては根ではなく葉を使ったモノになり、ふりかけ、調味料、お茶、葛湯などに入っています。私はふりかけや葛湯を試してみました。いずれもセロリの様な独特な香りはありますが、慣れるとくせになります。ふりかけはおにぎりに混ぜました。胡麻も入っていておいしいです!奈良県では大和当帰の生の葉も手に入れることができるようです。葛湯の方もくせはありますが美味しかったです。

 

葛製品

f:id:hiroko_ny:20230128192437j:image

吉野の葛も有名で、こちらも漢方に使われますよね。高級品にはなりますが、あのとろみはおいしいし体が温まります。葛湯だけでなく、葛羊羹なんかもあります。

 

ご当地パン

f:id:hiroko_ny:20230128192445j:image

私はここで、奈良県にもご当地パンがあることを初めて知りました。桜井市にあるマルツベーカリーさんの「パピロ」を売っていました。グルグル巻きのパンにバタークリームが挟まっています。お味はシナモンロールのシナモンがないような味で、しっとりしていてなかなか美味しかったです。このパン屋さんは昭和レトロなお店のようです。実店舗にも行ってみたいですね!

マルツベーカリー 本店 - 桜井/パン | 食べログ

 

大仏プリン

f:id:hiroko_ny:20230128190636j:image

これもこの物産館で初めて知りました。割と新しいお店のようです。最近瓶に入ったプリンも流行りのようですが、まずは瓶のふたの大仏さんのイラストが可愛いです。お味は大和茶、カスタード、レアチーズ、ショコラなどがあり、大きさが大小あります。こちらの実店舗は奈良市にあり、近鉄奈良駅にもお店がありました。実店舗ではもっとたくさんの種類があるようです。肝心のお味は滑らかで、底にはカラメルソースではなくあんこやチョコなどが入っています。やはり実店舗にも行ってみたいです。

まほろば大仏プリン | 奈良のお土産・洋菓子

 

らほつ饅頭

らほつとは大仏の頭の巻き毛のことで、これをかたどったお饅頭です。外側はかりんとうの様な生地で、中には何種類かあるあんこが入っています。沖縄の黒糖を使っていて、濃厚で美味しいです。

らほつ饅頭|祥樂

 

伝統のお菓子

菊之寿

菊屋さんの白餡が入った「菊之寿」、サツマイモを焼いたような形をした春日庵さんの「さつま焼」などがあります。老舗が作っているお菓子で、美味しく安定感があります。

また、萬々堂通則さんのカリカリのあんドーナツの様な「ぶと饅頭」は奈良に行くか通販でないと買えないかもしれませんが好きなお菓子の1つです。

 本家菊屋|奈良県で400年以上続く老舗御菓子司

奈良銘菓の饅頭「さつま焼」和菓子のお土産なら 御菓子司 春日庵 - 春日庵は奈良町にある銘菓饅頭 さつま焼を取り扱う和菓子店です。観光などで近くの庚申さんや元興寺を散策されましたら、是非お立ち寄りください。

萬々堂通則 | 奈良県奈良市 和菓子 お水取り ぶと饅頭 糊こぼし 青丹よし

 

陀羅尼助飴

f:id:hiroko_ny:20230128190711j:image

奈良には昔からお腹が痛くなった時などとりあえず飲むような漢方薬の「陀羅尼助(だらにすけ)」という黒い小さな丸薬があります。いくつかのメーカーで作っています。それと味覚糖とコラボした飴です。成分は黒糖、ケイヒ、キハダの実(奈良県産)、エンメイソウなどです。キハダとはおうばくのことで生薬では樹皮を使うのですが、熱をとって解毒する働きがあります。

この飴はちょっと漢方ぽくってスーッとする味がしますが、体に良いような感じがします。

和漢胃腸薬フジイ陀羅尼助丸|藤井利三郎薬房

 

大和野菜

大和まな

大和まな

大和まななどの奈良特産の野菜も置いています。大和まなはくせがなく、生でも加熱しても美味しく食べることができます。

 

蚊帳のふきん

f:id:hiroko_ny:20230128192515j:image

最近は色々なお店で売っていますが、奈良県が発祥ではないでしょうか?使い始めは糊が付いていてパリパリしていますが、洗い落として使うと柔らかく、とても気持ちが良いです。吸湿性、耐久性、速乾性があります。色々な柄や大きさがあるので、選ぶのが楽しいです。

 

 

イベント

まほろば館のウェブサイトを見ていると定期的にイベントもされています。

昨年は奈良県出身の俳優、加藤雅也さんのトークイベントがありました。

この2月には漢方の材料を使って匂い袋や入浴剤を作るイベントがあるので参加したいと思っています。漢方についてのトークイベントもありますが、その日は仕事なので行けないのが残念です。ご興味のある方はこれをチェックしてみて下さい。予約が必要なものと、その時に行けば良いモノがあります。

セミナー - 奈良まほろば館

 

 

終わりに

1/26のNHKのあさイチで奈良を紹介されました。この中でも、大和当帰は食べるだけでなく、韓国のよもぎ蒸しの様な当帰葉蒸しなどにも使われていて今注目のもののようです。

次回に行く時はまほろば館でイチゴのかき氷も食べてみたいと思っています。かき氷も味を変えて一年中食べることができます。奈良に興味があれば、新橋駅から近い奈良まほろば館を訪れてみるのはいかがですか?

 

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました(^.^)

こちらもよろしくお願いします↓↓↓

 

お散歩フォトで港七福神めぐりをしました

宝船

十番稲荷神社の宝船

 

こんにちは、hirokoです。

今日はお散歩フォトで、東京都港区の「港七福神めぐり」をしてきました。

1月4日に行った、「日本橋七福神巡り」の様子はこちらです↓

 

hiroko-ny.hatenadiary.com

 

 

目次

 

 

お散歩フォトとは

カメラマンの大野朋美さんが主宰する、写真が好きな大人が集まって、町を散歩しながら撮影するイベントです東京周辺が多いようですが、日本全国で月に1回開催されています。

私は多分、Facebookの知り合いが大野先生のコミュニティーの「写真散歩」に「いいね!」を押していたことから知ったんだと思います。カメラ講座もされていて、無料メルマガに登録して、7日分だけ無料で講座を受けたことがあります。

そこで、今月は港七福神めぐりをしてきました。毎年1月はどこかの七福神めぐりをされているそうです。参加者は10人ほどで、初めての人は私も含めて3人でした。男性の方が少し多めでした。常連さんもたくさんいらっしゃるそうです。スタッフは大野先生一人でした。

撮影イベント・おさんぽフォト | 女性カメラマン大野朋美WEBサイト

 

港七福神めぐり

今年は1月1日から8日まで開催されていました。毎年同じ時期限定です。この期間に行くと、それぞれの神様も見ることができます。また、色紙にご朱印を集めて回ることもできます。

今日は七福神めぐりの期間が過ぎていたので、ほとんどの場所で神様は見られないし、色紙もありませんでした。ただ、1月末ごろまではお正月の特別な、ご朱印帳に書いてもらったり貼るご朱印は授かることができます。

港の七福神は6社2寺で構成されています。普通は7人の神様ですが、ここは宝船まであるので、8か所になります。コースは六本木、麻布、芝公園にまでに渡り、4~5時間で周れます。

 港七福神めぐり公式サイト

 

ランチ

前菜とミニサラダ

ホームメイドパン
メイン2種類

Natural Kitchen yoomi(ユーミー)」に行きました。

お散歩フォトの方で予約をしておいてくれたレストランです。いつも予約をしておいてくれるようです。

群馬県産のオーガニック野菜を使った、カジュアルフレンチの店ですyoomiは哺乳瓶メーカーということで、ママに優しいお店だそうです。赤ちゃんを連れたお客さんもいました。

ランチは前菜盛り合わせ、ミニサラダ、メイン、ホームメイドパン付きのコースになっています。私たちが選んだのは日替わりメインディッシュで、ポークをベーコンで巻いたものか牛肉の揚げ物でした。私はポークの方でしたが、お味は優しく、量もちょうど良かったです。これで1000円です。他にはバスクチーズケーキが港区で一番美味しいと推していました。ランチは他にもメインを選べて値段は変わりますが、コスパも良いのでまた行きたいと思っています。

 六本木のフレンチビストロ「ユーミー」のホームページ

 

 

ギャラリー

六本木一丁目に集合

久國神社(布袋尊)

 

布袋尊

布袋尊

梅の花が咲き始めていました。寒くなってきているのに、確実に春がやってきています。

梅の花が咲き始めていました。寒くなってきているのに、確実に春がやってきています。

タワーマンション 都会ならではの幾何学的な風景が多いです。

タワーマンション 都会ならではの幾何学的な風景が多いです。

東京ミッドタウン

東京ミッドタウン

ミツマタ ここにも春が。

ミツマタ ここにも春が。

天祖神社(福禄寿)

 

おみくじ 色とりどりで綺麗です。

おみくじ 色とりどりで綺麗です。

春の七草もありました。

春の七草もありました。

 

福禄寿はこの中にいます。

福禄寿はこの中にいます。

櫻田神社(寿老神)

 

寿老人はこの中にいます。

寿老神はこの中にいます。

氷川神社(大黒天)

 


大法寺(大黒天)

 

烏骨鶏

烏骨鶏

十番稲荷神社(宝船)

 

麻布十番駅周辺

 

熊野神社(恵比寿)

 

恵比寿さんなので、鯛の絵馬なんですね。

恵比寿さんなので、鯛の絵馬なんですね。

東京タワーが窮屈に見えます。

東京タワーが窮屈に見えます。

宝珠院(弁財天)

閻魔さんも弁財天も見ましたが、全体を撮るのを忘れました。

閻魔さんも弁財天も見ましたが、全体を撮るのを忘れました。

 

終わりに

熊野神社のお正月のご朱印

熊野神社のお正月のご朱印



宝珠院のお正月のご朱印 字は弁財天を選びました。

宝珠院のお正月のご朱印 字は弁財天を選びました。

1月4日に日本橋の七福神巡りに行きましたが、その時、最初は家から一番近い港七福神めぐりに行こうかと迷いました。

その後、たまたまお散歩フォトで行きたかった港の七福神めぐりを見つけました。一人で写真を撮りに行くのと違って、自分が気が付かないモノを撮っている人の真似をして撮ってみたり、撮影の情報交換をしたり、疑問点を聞いたりできるのが良いですね。それに、連れて行っていただけるので、自分でいちいちスマホで道を確認しなくて良いのが楽ちんです(笑)

ランチも美味しくて安価で良かったです。

それにしても、七福神(今日は8か所)周るには十分なお賽銭が必要でした。途中で小銭が無くなってしまったのは失敗でした。

 

お散歩フォトでの七福神めぐりは写真撮影だけで精一杯なので、ほとんど寺社でご朱印をもらったりおみくじを引いたりする時間はありません。私は最後の2つだけ別にご朱印をもらってきました。

 

最後までお読みいただきありがとうございました(^.^)

こちらもよろしくお願いします↓↓↓

 

早稲田大学の村上春樹ライブラリーと演劇博物館で村上春樹ワールドに浸りました

f:id:hiroko_ny:20230115224315j:image

こんにちは、hirokoです。

今日は早稲田大学構内にある村上春樹ライブラリーと演劇博物館での企画展「村上春樹 映画の旅」に行ってきたのでお伝えします。

村上春樹と言えば、大学時代に「ノルウェイの森」が流行り、とても懐かしい思い出があります。

 

目次

 

 

村上春樹ライブラリーとは

f:id:hiroko_ny:20230115224103j:image

早稲田大学構内にある国際文学館のことです。2021年10月に開館したばかりで村上春樹さんの寄託、寄贈やたくさんの人達の寄付によって成り立っています。建物は隈研吾さんによってリノベーションされていて、外も中もとてもオシャレです。

今はネットから日時と人数を予約して中に入ります。当日でも入れることがあるようです。

 

今日は10分ほど早く着いて、地下にあるカフェで待つように言われました。とてもシステマティックになっていて、係の人達の感じもとても良く、入館時間前に私達よりも後に着いた人たちは入り口の外に並んでいましたが、時間になると地下にいた私たちを覚えていてくれて、順番通り先に中に誘導してくれました。この時、入館証を首から下げます。

f:id:hiroko_ny:20230115224346j:image

 

村上春樹作品

村上春樹作品

 

1階には村上春樹の作品と翻訳本がとても美しく並べられていました。こんなにたくさんの作品があることは知りませんでした。羊男が描かれた壁の前にカフェテーブルがあったり、プライベートな気分に浸れるような居心地の良い椅子があったり、隣の部屋にはジャズがかかっていて、そのレコードジャケットが飾られているところに読書できるテーブルがあったり、本当におしゃれな空間になっていました。

 

2階には村上春樹だけでなく、他の作家さんの作品も並べられていました。オーディオを聞いて読書することもできます。

 

地下1階にはカフェがあります。そして、1階から地下1階にかけては階段本棚があり、階段に座って本を読めるようにもなっています。

3階から上もありますが、一般の人は入れないようになっていました。

早稲田大学 国際文学館(村上春樹ライブラリー)

 

 

演劇博物館での企画展「村上春樹 映画の旅」とは

f:id:hiroko_ny:20230115224139j:image

村上ライブラリーの前にある、1928年に坪内逍遥にちなんで建てられた、フランスの木骨造の様な建物です。この2階で2023年1月22日まで企画展として「村上春樹 映画の旅」をやっています。

内容は

第1章 映画館の記憶
第2章 映画との旅
第3章 小説のなかの映画
第4章 アメリカ文学と映画
第5章 映像化される村上ワールド

となっています。

小説の中には色々な映画の一部が入っていたりするので、その映画を知れば、もっと小説が楽しく読めるような気がします。

また、西島秀俊さんが出ている、「ドライブ・マイ・カー」の車のセットの中で動画を見ることもできます。

この企画展の方は予約なしで入ることができます。

enpaku 早稲田大学演劇博物館 | 村上春樹 映画の旅

 

 

ランチ

f:id:hiroko_ny:20230115224156j:image

大学周辺なので学生のための飲食店は多いですが、日曜日は閉まっている店も多いようでした。今日は早稲田大学南門前にある「ピッツェリア タカタボクシャ」に行きました。古民家風のオシャレなお店で、中の壁は黒で天井には梁が出ています。ピザはお店の中で窯焼きをしています。

f:id:hiroko_ny:20230115224216j:image
f:id:hiroko_ny:20230115224218j:image

私はしらすと玉子のマルゲリータのランチセットを食べました。最初に出てきたサラダのドレッシングはニンニクが入っていてとても美味しく、店でも売っていました。ピザの方は生地がもちもちしていて、私の好み。玉子はほとんど生でしたが、それがしらすをしっとりさせているようで美味しかったです。

高田牧舎 - 『本格薪窯焼きPizza』を中心としたカジュアル・イタリアンレストラン

 

お茶

 

左:カルダモンロール、右:シナモンロール

左:カルダモンロール、右:シナモンロール

カルダモンロールが食べたくて、東西線早稲田駅よりは高田馬場駅に近い、スウェーデン風の「LYCKAN COFFEE(リッカン・コーヒー)」に行きました。

とても小さいカフェですが、居心地が良く、無料のWiFIもあり、長居している人が多いようでした。お目当てのカルダモンロールやシナモンロールは甘味が抑えられていてとても美味しかったです。シナモンロールはまるで映画「かもめ食堂」の現地として出てきたフィンランドのカフェで食べた様なお味でした。

https://takadanobaba.keizai.biz/headline/997/

 

終わりに

読書するのに居心地の良い椅子

読書するのに居心地の良い椅子


今日訪れた村上春樹ライブラリーは予想以上に居心地の良い場所でした。1回の予約で1時間半いることができるので、また予約して、好みの椅子で読書したり、カフェにはドーナツやコーヒーがあるので飲食してみたいです。

今日行ったピッツェリア タカタボクシャやリッカン・コーヒーもお勧めです。

また村上春樹作品を読み直したり、新しい作品を読みたくなりました!

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました(^.^)

こちらもよろしくお願いします↓↓↓

 

お正月に初めて日本橋七福神巡りに行って来ました

f:id:hiroko_ny:20230111224131j:image

 

こんにちは、hirokoです。

皆さんはお正月をどう過ごされましたか?

私は昨年本で七福神巡りというのがあることを知り、1月4日に日本橋七福神巡りに行ってきました。

 

目次

 

 

七福神巡りとは

初詣という習慣ができる前、江戸時代の頃から盛んになった、7つの神様(寿老神、福禄寿、弁財天、毘沙門天、恵比寿天、大黒天、布袋尊)が祀られている神社やお寺をを巡るモノです。東京ではたくさんの場所で七福神巡りができますが、大体は1月1日から7日までとか期間限定になっていますが、1年中できる場所もあります。やり方はそれぞれぞれの神様が祀られている神社やお寺を巡りながら、特別な色紙にハンコをもらったり、ご朱印をもらったり、神様のミニチュアを集めてまわったりします。

 

 

日本橋七福神

東京の数ある七福神巡りからこの日本橋を選んだのは、単に可愛い神様のミニチュアを授けてもらえるからでした。欲張りな私は色紙と宝船に乗った七福神の両方を授けてもらいました。

令和5年はまだ新型コロナの影響で、それぞれの神社に行って色紙のスタンプや宝船のミニチュアをもらうのではなく、最初から揃ったモノを買う方式でした。やはり、それぞれの神社で何かをもらう方がスタンプラリーの様に楽しいと思います。

日本橋七福神は全て神社だけで構成されています。神社は以下のようになっています。

 

小網(こあみ)神社ー福禄寿(健康長寿)、弁財天(財運向上、学芸成就)

並んでいる時に前の人達が話していましたが、元お笑いタレントで占い師のゲッターズ飯田さんがお勧めしている神社だそうです。なんでも、東京にはここにしか本物の神様がいなくて、パワースポットになっているようです。

私が行った1月4日の午後1時頃ですが列は本殿参拝、銭洗い、お札や御守を授ける3つの列に分かれていましたが、本殿参拝の方に並んだら、参拝までに1時間ほどかかりました。その後ネットで様子を確認したら、3時間待ちという日もありました。

 

茶ノ木神社ー布袋尊(防災・生産の神様)

小網神社から近く、空いていました。

 

宝生弁財天水天宮ー弁財天

安産、子授けの神様でもあります。大きな神社でそれなりに多くの人がいました。

 

松島神社ー大国神(大黒天のことですよね。食物、財福を司る神)

 

末廣神社ー毘沙門天(勝運向上)

 

笠間稲荷神社ー寿老神(長寿)

 

椙森(すぎのもり)神社ー恵比寿神(これだけ日本の神様、商売繁盛、五穀豊穣)

 

日本橋七福神巡りは日本で一番所要時間が短く、1~2時間で周れるとはなっていますが、小網神社は混むので最低2時間は見ておいた方が良いと思います。

七福神はヒンドゥー教、仏教、道教、神道などから来ています。面白いですね。

 

日本橋七福神めぐり 公式サイト

 

 

 

ギャラリー

まわる順番は決まっていません。

地下鉄人形町駅

小網神社

f:id:hiroko_ny:20230111224232j:image
f:id:hiroko_ny:20230111224237j:image
f:id:hiroko_ny:20230111224240j:image

 

 ↓

 

茶ノ木神社

f:id:hiroko_ny:20230111224251j:image

 

 ↓

 

宝生弁財天水天宮

f:id:hiroko_ny:20230111224340j:image 

 

 

松島神社

 f:id:hiroko_ny:20230111224415j:image

 

 

末廣神社

f:id:hiroko_ny:20230111224449j:image 

 

 

笠間稲荷神社

 f:id:hiroko_ny:20230111224534j:image

 

 

椙森神社

 f:id:hiroko_ny:20230111224516j:image

 

f:id:hiroko_ny:20230111231249p:image

 

 

終わりに

f:id:hiroko_ny:20230111224559j:image

数ある東京の七福神巡りの中でも、有名な小網神社がある所を選んだというのは縁だなと感じました。小網神社ではおみくじを引いたり、お守りを買ったりはしませんでしたが、これからも行ってみようと思っています。宝くじなんかも当たったという投稿もよく見かけます。

 

七福神巡りは歩いて行くうちに何の神様が祀られているのかぼやけてきて、当たり障りのないお願いをするようになってしまいました。本当はそれぞれの神様の強みに関係あるお願い事をするのではないかと思います。

 

授かった宝船に乗った7人の神様たちの表情がにこやかで見ているだけで癒されます。調べてみると、宝船の帆先は福が内に入るように向ける方が良いみたいなので、船の向きを変えようと思っています。この色紙と宝船は有効期限が1年だそうです。一生ものだと思っていただけに残念です(笑)

 

日本橋七福神巡りは1月15日までは色紙や宝船は授与され、16日以降は水天宮でだけ個数限定で授与されます。

皆さんも日本橋だけでなく、どこかの七福神巡りをしてみませんか?良い年になれそうですよ!

 



七福神あられ

今日は職場でたまたまこんな ↑ あられを頂きました。それぞれの神様の味のあられが個包装で入っているだけでなく、特に神様の後姿のイラスト(写真右)もとても可愛いです!

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました(^.^)

こちらもよろしくお願いします↓↓↓

 

2023年の山の登り始めは奈良県の高取山です

ハイキングコース

ハイキングコース

遅くなりましたが、

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願い致します。

年始のブログは年末と同じように、山の登り始めからお伝えします。

年末から年始にかけて、4年ぶりに実家のある奈良に帰っていました。今回は老齢の両親と3人で奈良県高市郡にある「高取山」に登ってきました。

 

目次

 

 

高取山とは

奈良県南部の高市郡高取町にある、標高583.6mの山です。最寄りの電車の駅は近鉄吉野線の壺阪山駅です。

高取山の山頂には高取城跡があります。低山と言えども、傾斜がきつい坂や岩などもあるので、簡単な登山の装備は必要です。

 

 

高取城とは

高取山の山頂にある日本最大の山城です。今は建物はなく、立派な石垣だけが残っています。日本三大山城というのがあり、美濃岩村城、備中松山城と共に選ばれています。

2018年、6月30日放送のNHK総合『あなたも絶対行きたくなる!日本「最強の城」スペシャル』では、日本最強の城に選ばれています。

初めて城ができたのは南北朝期と言われていますが、そののち改修が繰り返されています。1640年には徳川家譜代の家臣であった植村家政が高取藩初代藩主となって高取城を任され、明治維新まで14代にわたって植村氏が藩主を務めています。

高取城に続く土佐街道では旧藩主の植村家の住居となっている、植村家長屋門を見ることができます。その他にもこの土佐街道では移築された松ノ門や独特の造形を持つ二階建ての町屋を見ることができ、ぶらぶら歩くだけでも楽しい場所になっています。

 

ギャラリー

歩き始めの土佐街道 暫く舗装した道路が続きます。

歩き始めの土佐街道 暫く舗装した道路が続きます。

観光マップ

観光マップ

松ノ門

松ノ門

植村家長屋門

植村家長屋門

阿波野青畝の生家

阿波野青畝の生家

水車

水車

砂防公園 トイレもあります。ここから山道が始まります。

砂防公園 トイレもあります。ここから山道が始まります。

七曲り

七曲り

一升坂

一升坂

猿石 私は申年なので親近感を感じました。

猿石 私は申年なので親近感を感じました。

二の門跡

二の門跡

国見 跡

国見櫓跡

本丸

本丸

雪が残っていました

雪が残っていました

本丸のサイン

本丸のサイン

本丸の中にある三角点

本丸の中にある三角点

こんな眺めです。

こんな眺めです。

バイオトイレ トイレは割とありました。

バイオトイレ トイレは割とありました。

十一面尊

十一面尊 石に仏像が彫ってあります。

ここにもたくさんの仏像が

ここにもたくさんの仏像が

五百羅漢

五百羅漢

壷阪寺の屋根が見えてきました。

壷阪寺の屋根が見えてきました。

この後はバスで下山しました。


f:id:hiroko_ny:20230109175827p:image


 

終わりに

以前から登ってみたいと思っていた高取山にお正月に両親と登れたことはとても嬉しい経験でした。山への上りも下りも大変な箇所はありますが、頂上にある高取城跡の壮大な石垣を見ることができたのにはとても感動しましました。

私たちは多分行きと帰りを逆に歩いたのだと思いますが、帰り道にあった登山口付近に置いてあるパンフレットには詳細な説明があり、アプリをダウンロードすると高取城の再現を見ることもできます。お城好きには是非お勧めしたい場所でした。

パンフレット自体をダウンロードすることもできます⇊

https://www.town.takatori.nara.jp/cmsfiles/contents/0000000/685/takatori_panfu2.pdf

 

最後までお読みいただきありがとうございました(^.^)

こちらもよろしくお願いします↓↓↓

 


人気ブログランキング var nend_params = {"media":64886,"site":336047,"spot":1000271,"type":1,"oriented":1};